Logicool bluetooth Mouse m558 for Macを買ってみた

Logicool Mouse m558を買う

壊れたわけじゃないけど…

先日、掃除をしている時に何気なくマウスも綺麗にしようと布巾的な(少し濡れているやつ)で拭いたら、センターにあるホイールのゴムがぐじぐじになってしまいました。ホイールをグリグリやる時に若干ネバネバしてしまう困った状況になってしまいました。

にゃんこ
自滅ってやつね
mouseがぐじぐじ

真ん中がぐじぐじに

マウスの動作的にはまったく問題ないのに、余計なことをしてしまってまさかの買い替えです。もともとMac使ってんのに黒いマウスもどうかと思っていたので(Windowsのお下がり)、ちょうどいいタイミングでした。

当然最初に考える純正品

高過ぎるよ…

Mac使ってりゃ当然欲しくなる純正のマウスですがね…。

13,365円…

最近のやつでも…。

8,640円…

どちらも2017.02.12現在の価格です。

さすがにですね、いくらかっこいいと言ってもですね。マウスごときに10,000円とかかけるのはどうかと思うわけです。そりゃ当然Mac専用設計なわけだから使い心地もいいんでしょうなあ。かなり迷いましたよ。

でも、ちょっと待った!!。普通のそこそこのマウス(2,000程度)のものを買えば8,000円前後のお釣りがくるわけだよ。たかがマウスだと思うことにした。

にゃんこ
あまりでガンプラ買えるじゃん。
メリ
ま、そうだけど…。



Logicoolがいいじゃないか

一応 for Macなやつ

そんなこんなでいろいろ調べてみると、このLogicool bluetooth mouse m558 for Macがなかなかの評判です。

2,248円でbluetooth

価格は同じく2017.02.12現在のものです。

レビューを見てちょっと不安なやつもあるけど、最近のレビューってマイナスなことは極端すぎる感じしますよね。だからマイナスのレビューはそこまで気にしないようにしてます。

マウスで2,300円もまあまあ高い方だとは思いますけど、bluetooth対応ってことを考えるとそこそこ安いのかも。

ってことでAmazonプライムで朝頼んで夜きました。やっぱこの便利さはすごいね…。ちょっと申し訳なくなるくらいに…。

マウスきたよ

朝ポチったら夜来る凄さ

ってことできました。m558。

スポンサーリンク



じゃ早速使ってみるかね m558

無線だから楽チンだね

このm558はbluetooth無線に対応しているのでセッティングも楽チンです。まずは電池のセット、裏蓋を取って中に電池をセットします。単三2本使用と結構本数使います。

マウス 電池

分解の図

セットしたら電源投入です。

m558 起動

完成の図

m558をペアリングする

そして、Mac側とペアリングします。

bluetoothは親機と子機でペアリング(登録)して通信します。

ちなみにペアリング開始はマウスの裏側の電源ボタン付近のここです。

m558 ペアリング

ここを押すとペアリング

Mac側でそれを検出し、「ペアリング」ボタンと押して認識されるとマウスとして使用することができます。

m558 ペアリング

ペアリング完了!!



とりあえず普通に使えるけど

for Macだけのことはある

このm558は、一応「for Mac」と銘打っているだけあってちゃんとしてます。専用の設定ソフトを使えばボタンを何の操作に割り当てるとかいろいろ好みに設定できるようです。なかなか便利です。レビューにあった「再起動とかした時に認識されない」とかって問題もなく(最初の一瞬だけ動かない時間はあるけど、気にならない)、結構快適に使えてます。やっぱ無線はいいですね。

m558専用ソフト

専用ソフトもあるで

ってことでこれオススメです。

色もMacに合っているいるし、クリック感も悪くない。ま、純正に比べると重厚感というか高級感はないけど値段なりにいいと思いますよ。

にゃんこ
で、Windowsの方はどうすんだ!?

あ…。

メリ
あーぁ。

ま、一応両対応って書いてあるし、大丈夫でしょ…。

メリ
確認してないのね…。

Logicool mouse m558 for mac

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。