Mac Miniのメモリを交換してみた。

Mac Mini(Late 2012)のメモリを交換

Mac Miniを長く使うためにね

最近、Mac主流の生活になって、どうせなら「メモリも増やしておくか」という雰囲気になりました。
ま、っていうかこれ割と古いんでまあまあ遅いんですね。当時はまだよかったけどOS(OS X El Capitan)をアップデートしたらさらに重くなった感じがしたのでやっとくべってことになりました。

にゃんこ
なんだそれ。

せっかくデスクトップを買ったのだし、それ用にディスプレイとスピーカーも買ったわけだしね。長く使うためには基本性能を上げておくのは必須ですよね。Mac Miniは比較的メモリ交換も楽だという情報を手にしたので自分でやってみることにしました。

ちなみにうちのMac MiniはLate 2012です。結構古いですな。

元々は高性能でも時間が経てば…

元々買ったMac Miniは、メモリに関しては初期のままの4GBでした。当初はこれでもよかったけど今じゃちょっときつい感じになってますね。

それを8GB x 2の16GBにします。最近のメモリも安くなりましたね。16GBで約¥10,000。いやいや昔では考えられない値段です。こりゃ買うしかないでしょう。

にゃんこ
ガンプラいくつ買えるのさ。

入荷に時間がかかりました。

買うときに在庫がなくて、実際に商品到着するまでしばらく待ったけど安く手に入って満足です。ってことで交換作業に入ります。

まず、Mac Miniを裏返します。あら恥ずかしい。

スポンサーリンク



Mac Mini分解

裏蓋開けの儀式

Mac Miniの裏

Mac Miniの裏

これの黒い部分が外れて中が出てきます。ドライバーとかはいりません。

下にあるように○の位置に動かせば取れますぜ。って簡単に言いましたがこれが意外に硬いんです。結構コツがいります。自分流では、下に向けて持って端をぐいぐい動かす感じです。

メリ
分かりにくいわね。

この○を合わせれば外れるけど、硬いんですな。

外すのが硬い

外すのが硬い

頑張って開けたら、いきなりメモリが丸見えです。

いきなり見えるメモリ

いきなり見えるメモリ

付いてるメモリを外すのね

最初に入ってたのは、2GB x 2GBの4GBです。これを16GBにしようってんだから贅沢ですなあ。まず、最初から付いてるメモリを外します。外すのは簡単です。メモリの両端にある金具を広げるとメモリ本体が飛び上ってくるのでそれを手前に引いて抜き取ります。奥にある2枚目も外し方は同じです。

飛び出すって飛ぶわけでもない。

飛び出すって飛ぶわけでもない。

そして買ったのを付ける

外し終わったら、新しく買ったメモリを外した方法とは逆順に取り付けていきます。今回買ったのは、「Transcend ノートPC用メモリ PC3-12800 DDR3 1600 16GB 1.5V 204pin SO-DIMM Kit (8GB×2) (無期限保証) JM1600KSH-16GK」です。

これがブツ

これがブツ

つけ方は、さっき取り外した時と逆をやればいいのだ。簡単簡単。

緊張するけど、案外簡単。

緊張するけど、案外簡単。

そして完成

そしたら、裏蓋を閉めて完成だ!!思ったより簡単でした。

でけた

でけた



ちゃんと認識してる?

性能を発揮しているか確認しましょう

Macを立ち上げて取り付けたメモリがちゃんと認識できているかを確認してみます。

キターーーーー

キターーーーー

にゃんこ
興奮しすぎ。

ちゃんと16GB認識してます。いいですねー。で、一応買ったメモリが問題がないかアプリで確かめてみました。テストに使ったのは「Rember」というフリーのアプリです。時間は掛かりましたが、問題がなかったので良かったです。

これで今後も快適なMac Lifeを送れそうです!!!

これがRember

これがRember

Testも全てオッケーー!!

Testも全てオッケーー!!

オススメメモリってことで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。