UdemyじゃなくてUnityってのでゲームは作れる

Androidも対応しているゲームエンジンUnity

早くも暗雲が…

今Androidでゲームでも作ってみようか的なものを進めてますが、色々調べていると案外Javaでゴリゴリ書いていくのも大変そうだなあという雰囲気がしてきたんですよねえ…。そもそも基本的な簡単なアプリの作り方さえよくわかっていないような状況でしかもゲーム作りにも不慣れなというか経験のない状態でできるのかと。

いきなりゲームは厳しい!?

Androidアプリを作ってみる #5 - 何を作るかが問題 -

2016.08.22

で、前々からその存在は知っていたけど、難しそうだなという理由だけで避けていた「Unity」を使ってみたいなと思うに至りました。覚えるのに相当苦労しそうだけど…。でも、書籍もそれなりに出ているし、試行錯誤してやってみようかなあと考えてます。

Unityの概要は

Unity(別名:Unity3D)とは、統合開発環境を内蔵し、複数のプラットホームに対応するゲームエンジンである。ユニティ・テクノロジーズ(英語版)が開発した。日本法人はユニティテクノロジーズジャパン合同会社。ウェブプラグイン、デスクトッププラットフォーム、ゲーム機、携帯機器向けのコンピュータゲームを開発するために用いられ、100万人以上の開発者が利用している。Unityは主にモバイルやブラウザゲーム製作に使用されるが、コンソールゲーム機およびPCにゲームをインストールすることもできる。このゲームエンジン自体はC言語/C++で書かれているが、スクリプト言語としてC#、UnityScript (JavaScript)、Booの3種類のプログラミング言語に対応している。2005年にMac OS Xに対応したゲーム開発ツールとして誕生してから、今日ではマルチプラットフォームに対応したゲームエンジンにまで成長した。

Wiki

ちなみにUdemyと似てますが、関係ありません。Udemyは動画学習サイトです。

にゃんこ
わかるわ

Udemyはこちら

Udemyの一番お得な利用方法とは

2017.02.17



にゃんこ
Androidはどうすんだ?

Androidの方はもっと基本的なアプリから作っていこうかと思っております。

メリ
敬語になっちゃったわよ

スポンサーリンク



Unityのすごいところ

iOS、Android…マルチプラットフォーム

Unityのすごいところは、PCを使って作るんですがPC用のゲームだけできるという訳ではなく様々なプラットフォームに対応しているってところでしょうか。

2015年10月にリリースされたバージョン5.2.2現在、iOS、Android、Tizen、Android TV、Windows、Windows Phone 8、Windowsストアアプリ、macOS、Linux、ウェブブラウザ (WebGL、Unity Web Player)、PlayStation 3、PlayStation 4、PS Vita、Xbox 360、Xbox One、Wii UそしてVR/AR向けの開発に対応している。


Wiki

ってなってるけど、今(2017.05.13現在)の最新は5.6.0f3というバージョンです。確認したらNintendo Switchまで入ってました。すげーな。もちろん一般ユーザがSwitch用に作ってもプレイしようがないですが…。少なくともPC用、Android用、iOS用ならできそうですね。

すげー数に対応してる

すげー数に対応してる

本格的なゲームが作れる

結構というか本格的なゲームが作れます。Android版「ドラクエ8」はUnityで作られているみたいですね。そんなものが無料で使える時代…。すごいことになりました。

なんとドラクエ8(Android版)

なんとドラクエ8(Android版)

なんか3Dのゲームを作れるっぽいけど、2Dのゲームもできるみたいですね。3Dはさすがに敷居が高すぎる…。いきなり高度なものは無理だけど簡単なものからやってみようかなっと。やりたいことがまた増えた…。

メリ
時間あるのかしら…

公式ページはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。