ファミコンやるのにIO-DATA GV-USB2は厳しいのか

かんたん! ダビング GV-USB2

ファミコンやってみちゃう

どうも。酢飯です。

以前、ファミコンプログラミング頑張っちゃうぞー的な記事を書いて、意気込んでいましたね。

ファミコン動かしたるか #2

2016.11.02

ファミコン動かしたるか #1

2016.11.01

でも、調べているうちにどうも文献が少ないって状況にぶち当たりました。

最初の起動部分から先のことを書いているものが少ないんですね。なもんで既に手詰まり感があるのは否めない…。

たぶんこのまま進めるのは難しい状況。

じゃファミコンで遊ぶか

ってこと言うのはアレですけどね。「しょうがねーファミコンで遊んじまうか」ってことになりますよね。

にゃんこ
なんでそうなる!?

でも、ファミコンをやるって言ってもここで紹介するとなるとどうすればいいのか!?

以前は、液晶テレビに写してやってたけど、それじゃいちいちデジカメで撮る必要があるし、画面がうまく撮れないですね。

一番いいのは、PC上でファミコンの画面を写してそれをそのまま録画や静止画を撮るってのがいい方法です。

スポンサーリンク



じゃ、どうすればいいの!?

GV-USB2があるじゃないか

そこでMacにWindowsをインストールした意味が出てきます。

Windowsインストールで一悶着

MacにWindows10を入れて大惨事になった事例とか大袈裟なやつ

2017.06.06

Macは非常にUIにも優れているし、洗練されていると思います。

自分は違うけどおしゃれな人が使うのも頷けます。でも、周辺機器の充実度だったりソフトの利便性を考えたらWindowsがいいじゃんってなってしまうのも致し方ないなとも思います。

今回のような用途にはRCAビデオ端子の映像、音声を取り込めるビデオキャプチャ機器が必要になってきます。

こう言ったビデオキャプチャのソフトの豊富さでは完全にWindowsに軍配が上がります。機器を購入したらソフトもそのまま入ってたし、便利だよね。

と言うことで、IO-DATAの「かんたん! ダビング GV-USB2」を購入してみました。これは、元々はVHS→DVDのようなダビングを想定しているようです。

これがそのキャプチャソフト

これがそのキャプチャソフト

しかし、先っちょがこのようになっているので、ファミコンだって繋げることはできるだろうと思っていたし、実際アマゾンレビューなんかではファミコンを繋げている人もちらほらいるから大丈夫でしょうと。

これがGV-USB2

これがGV-USB2

実際に繋げてみる

さて、実際にファミコンを繋げてみます。ちなみにファミコンは後期仕様の「AVファミコン」です。確か2000年頃、まだレトロゲームブームが来る前に新宿のヨドバシカメラでワゴンセールで、¥6,000くらいで買った記憶があります。

ファミコン繋げる

ファミコン繋げる

同じワゴンでカートリッジ版の「ゼルダの伝説(初代)」と「悪魔城ドラキュラ」があって、これも捨値同然で置いてあったのですが、その時はなぜかスルーしてしまいました。今ではどっちもプレミアがついてますね。

惜しいことをしました。なんて言いながら持っていても売ったりはしないと思いますけどね。性格的に(笑)。

にゃんこ
もったいねー。

とりあえず繋げてみました。



マッピーですよ

写りは普通!?

初っ端は「マッピー」です。

可愛いキャラクターとは裏腹に結構難易度の高いアクションゲームです。

ルールは、部屋に置かれている盗まれた品々を取り返すと言うもの。主人公はネズミですけどポリスです。

マッピーですわ

マッピーですわ

なぜかこのソフトで静止画、動画を撮ると左に変な縦線が入るなー。

とりあえずまだ腕は…

ま、とりあえず腕はまだまだ落ちていない…と思っていいだろうか…。

ただ、気になったのが「コントローラがたまに効かない感じがする」ってところでしょうかね。

なぜか左右のキーを押してもうまく左右に動いてくれていない気がするのがたまにある気がするんですよね。毎回じゃないんですけど。

この辺はGV-USB2の特性なのかコントローラの問題なのかは分かりません…。

他のソフトで試してみる

それじゃもっと高い反応が必要な「ファミリーサーキット」を試してみることにします。

これは見下ろし視点のレースゲームで題材は「F1」です。

F1が最も人気のあった時代ですね。

まだまだ時代的に3Dの画面が一般的ではなかったレースゲームは見下ろし視点が多くありました。と言うよりほとんどそうでした。

ハードの性能を考えたら仕方ないけど、当時これはこれで非常に楽しめるものでした。3D視点みたいに後ろが見えにくいってのもないですし。

けっこうむちゃくちゃ

うーん、ギリギリできるかななレベルですね。

もっと練習すればなんとかって感じですかね。

GV-USB2の結論

ちょっと普通にプレイするのは厳しいか!?

ぶっちゃけ期待していたほどは…とう言うのが最初に印象です。

綺麗に表示する訳でもないし、応答速度もよくありません。

構造上コントローラを動かして画面にそれが反映されるまでに遅延が発生してしまうことは仕方のないことと認識していました。でも、これだとあまりゲームにならないと思います。ま、このDV-USB2でファミコンできますよとは誰も言ってないし、説明書にも一言もファミコン対応とは記載されていないんですけどね。こっちが勝手にそう思い込んだだけです。

でも、せっかく買ったわけだし、所有ソフトもまだまだあるので色々試してみたいと思います。

なかなか豊富に残っていたファミコンソフトたち

ファミコンはまだ動くかいな

2016.11.13

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。