[WordPress] ホップ、ステップ、Speech Bubble -HummingBirdとの違い-

ブログに吹き出しをつけたい欲求に答えるSpeech Bubble

HummingBirdじゃなくてもよかったという事実

WordPressのプラグインを調べていたら、当ブログでも多用している漫画の「吹き出し」のような効果を出せるプラグインがあることを知りました。

にゃんこ
これね。
メリ
なんか照れるわね。
プラグインとは、「ソフトに機能を追加するための小さなプログラム」のこと。

その名も「Speech Bubble」です。

有料WordPressテーマ「Humming Bird」では標準です

この機能なんですが、このブログを立ち上げる時に買ったWordPressテーマ「Humming Bird」には標準で付いてたんですね。もともとこの吹き出しのような効果を使って記事を書いてみたいという希望があったので、その機能がある「Humming Bird」に白羽の矢が立ったのは自然な流れですね。でも、この「Humming Bird」の機能のものだとバリエーションに乏しいのは否めない感があったのは事実です。



Humming Birdの吹き出し機能

それでは、「Humming Bird」に標準で付いている機能の吹き出しをみてみましょう。これを表示させるのは、専用のショートコードを使って呼び出します。

まずは標準のやつ

にゃんこ
これか。

どういう風に書くかというと…。

iconは画像ファイル指定で、nameは表示しているキャラの名前を表示します。その後のtypeで表示形式を決めます。typeに”l”を指定すると左に配置、”r”だと右に配置です。

メリ
右はこれね。

Facebook風

FaceBook風にもできます。type属性に”fb”を追加します。

メリ
Facebookって!?

ショートコードはこんな感じ。

Line風に

Line風にもできます。

にゃんこ
あくまでも風だぞ。

大きくもできる

あとは、大きくできます。

メリ
恥ずいわね。

と、ここまでが「Humming Bird」でできることです。なんかあともうちょっと何か欲しい気もしませんか!? だって、この機能があるから「Humming Bird」を選んで買ったようなものなんですからね。でも、結局これが…。

スポンサーリンク



Speech Bubbleで事足りるという悲しい事実

プラグイン一つで可能だった

ちょっと「え!?」と思いましたね。だって、どんなテーマを使おうが「Speech Bubble」をインストールすれば吹き出し機能が使えるんだから…。ちょっとショックです。

では、早速試してみよう

この「Speech Bubble」も、ショートコードで書いていくみたいですね。まずは標準のものから。

にゃんこ
おっす!
メリ
きゃっ

subtypeのL1が左、R1が右ってことですね。でも”1″って何なんでしょうかね?

これは何と”1″については普通の吹き出し。”2″とつければ考えてる風にできます。これいいな。

にゃんこ
メリってバカだなあ
メリ
ん!?

吹き出しの種類も豊富な「Speech Bubble」

この「Speech Bubble」、吹き出しの種類も豊富です。


drop

type属性に”drop”と指定するとこんな感じになります。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

Facebook風

Facebook風もできますね。こちらもtype属性に”fb”を指定です。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

Line風にもできちゃう

type属性に”ln”指定でLine風にもできちゃいます。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

Lineのフラットな感じにもできます

こちらはtype属性に”ln-flat”を指定します。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

ちょっと可愛めというか目立つ感じにしたければ

ちょっと目立つ感じにしたければ、ピンク系の色にもできます。これはtype属性に”pink”を指定します。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

ブルーっぽいのもあります

こんなブルーっぽい感じにもできます。type属性に”rtail”と指定です。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?

声にはしてないやつの別もの

考えてるバージョンの別ものもあります。これはtype属性を”think”にします。

(subtype “L2″の場合)

にゃんこ
メリってバカだなあ

(subtype “R1″の場合)

メリ
ん!?



これはいいな! Speech Bubble

Humming Birdとの違いは!?

キャラクター(画像)の表示は「HummingBird」に軍配、テキストの表示スタイルの豊富さでは断然「Speech Bubble」でしょうかね。

もっと早く知っていれば…と思うくらい自分的にはかなり点数の高いプラグインです。ほんともっと早く知っていれば…。無料のWordPressテーマでもよかったかなあ…。「HummingBird」も気に入ってはいるのですがね…。

にゃんこ
後の祭りだな!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。