遂に日本でも発売!! ファミコンです。

日本でも発売が決定!!

以前も書いた海外版手乗りファミコン NES Classicですが、待望の日本発売が決定したみたいですね。やりました!!! これは欲しいですね!!!

海外版手乗りファミコン

NES Classic Edition

2016.07.19

本体はこれ。

NES classic本体

NES classic

本当に手乗りです。

日本版はちゃんと日本版の形

日本版発売のものはちゃんと日本版の形で発売するみたいですね。これはちょっとどうでしょう。あえて海外版で出してみるのも良かったのではないかと思いますが…、ここは賛否分かれるところでしょうか。

日本版は日本版の形

やっぱこれでくるか

やっぱこれでくるか

画像引用元: Engadget

にゃんこ
昭和かっ!!
メリ
ええ、そうよ。

海外版とは収録作が違う

海外版の収録作品は、

Balloon Fight™ バルーンファイト
BUBBLE BOBBLE バブルボブル
Castlevania™ 悪魔城ドラキュラ
Castlevania II: Simon’s Quest™ ドラキュラII 呪いの封印
Donkey Kong™ ドンキーコング
Donkey Kong Jr. ™ ドンキーコングJR.
DOUBLE DRAGON II: THE REVENGE ダブルドラゴンII ザ・リベンジ
Dr. Mario™ ドクターマリオ
Excitebike™ エキサイトバイク
FINAL FANTASY® ファイナルファンタジー
Galaga™ ギャラガ
GHOSTS’N GOBLINS® 魔界村
GRADIUS™ グラディウス
Ice Climber™ アイスクライマー
Kid Icarus™ 光神話 パルテナの鏡
Kirby’s Adventure™ 星のカービィ 夢の泉の物語
Mario Bros. ™ マリオブラザーズ
MEGA MAN® 2 ロックマン2
Metroid™ メトロイド
NINJA GAIDEN 忍者龍剣伝
PAC-MAN™ パックマン
Punch-Out!! ™ Featuring Mr. Dream パンチアウト!!(マイクタイソンではないバージョン)
StarTropics™ (日本未発売の任天堂内製RPG。パンチアウト!!やハードウェア開発で知られる竹田玄洋氏(現・代表取締役技術フェロー)がディレクターおよびシナリオを担当)
SUPER C™ スーパー魂斗羅
Super Mario Bros.™ スーパーマリオブラザーズ
Super Mario Bros. ™ 2 (おそらく『スーパーマリオUSA』)
Super Mario Bros. ™ 3 スーパーマリオブラザーズ3
TECMO BOWL テクモボウル
The Legend of Zelda™ ゼルダの伝説
Zelda II: The Adventure of Link™ リンクの冒険

ですが、日本版は少し収録作が違うみたいです。

ドンキーコング/1983/7/15/任天堂
マリオブラザーズ/1983/9/9/任天堂
パックマン/1984/11/2/ナムコ
エキサイトバイク/1984/11/30/任天堂
バルーンファイト/1985/1/22/任天堂
アイスクライマー/1985/1/30/任天堂
ギャラガ/1985/2/15/ナムコ
イー・アル・カンフー/1985/4/23/KONAMI
スーパーマリオブラザーズ/1985/9/13/任天堂
ゼルダの伝説/1986/2/21/任天堂
アトランチスの謎/1986/4/17/サンソフト
グラディウス/1986/4/25/KONAMI
魔界村/1986/6/13/カプコン
ソロモンの鍵/1986/7/30/テクモ
メトロイド/1986/8/6/任天堂
悪魔城ドラキュラ/1986/9/26/KONAMI
リンクの冒険/1987/1/14/任天堂
つっぱり大相撲/1987/9/18/テクモ
スーパーマリオブラザーズ3/1988/10/23/任天堂
忍者龍剣伝/1988/12/9/テクモ
ロックマン2 Dr.ワイリーの謎/1988/12/24/カプコン
ダウンタウン熱血物語/1989/4/25/テクノスジャパン
ダブルドラゴンII ザ・リベンジ/1989/12/22/テクノスジャパン
スーパー魂斗羅/1990/2/2/KONAMI
ファイナルファンタジーIII/1990/4/27/スクウェア
ドクターマリオ/1990/7/27/任天堂
ダウンタウン熱血行進曲 それゆけ大運動会/1990/10/12/テクノスジャパン
マリオオープンゴルフ/1991/9/20/任天堂
スーパーマリオUSA/1992/9/14/任天堂
星のカービィ 夢の泉の物語/1993/3/23/任天堂

あれ、かなり任天堂作品が減ってますね。王道中の王道メンバーという感じです。あれ、「ドラキュラII 呪いの封印」がない…。それは入れてもよかったのでは?と思いますけどね。なんとなくですけど、海外版のほうが魅力的に見えますね。自分だけですか?これって隣の芝生は青く見える的なアレでしょうか。

メリ
たぶん違うわよ。

今更気がついた大問題!!

HPを読んでいて今更気がつきました。これって「内蔵ソフトしかできない」んですね!!!!! 手持ちのカートリッジを差して他のソフトを遊ぶことはできないんです…。え…。それができないなんて出す意味があるのでしょうか。これじゃWii、Wii U であったバーチャルコンソールを別機体でやるだけみたいな感じですね。残念。一気に候補から消えてなくなりました…。これなら実家に眠るファミコンを復活させたほうがマシかも。

任天堂さん、せっかくやるなら太っ腹見せて、中古ソフト買って楽しんでね的にやってくれたら神機になったのにね。当時のソフトを動かすための部品も入手が難しくなっているでしょうから、そういう問題もあるんでしょうかね。残念です。今こそ「ファミコン復活」、悪くないと思います。

メリ
むちゃぶりよ。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。