目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #1

どっぷりF1 2016

やるならキャリアモードでチャンプ!

以前の記事でも書きましたが、F1 2016の出来が相当良くてかなりはまれそうなので、2016年度版の目玉、「キャリアモード」でワールドチャンプを目指してみたいと思います。

[XBOX] F1 2016はすごかった

2016.12.04
かなり雰囲気を楽しめます

かなり雰囲気を楽しめます

メリ
無謀ね。

ただ難易度を「イージー」にして、ぶっちぎりになっても面白くないので自分の実力と拮抗した難易度がいいですよね。ってことでその辺がどのあたりになるのかを見定めてみようかと思います。

にゃんこ
真面目かっ!

アバター作り

名前

前回も「タロー・スメシ」で作りましたが、ご覧のように周りは英語表記なのに自分だけカタカナってのもカッコワリイんで「Taro Sumesi」に変えて作り直しました。

アバター設定

タロー・スメシって

にゃんこ
どっちにしろ・・・
メリ
シーっ。

顔、ヘルメット

顔を選びます。海外製のソフトなので日本人っぽいのはなく、前回同様ギャグに走りました。

ヘルメットカラーもベースのデザインを選んである程度は好みに出来ますが、顔と同様そもそものデザインがちょっとって感じです。ここはForza Motorsportのようにもっと自由にペイントできたら楽しかったかな。ま、贅沢ですが。

ペイント機能が充実しているForza

ヘルメットも選べるけど

あまりいいのがない

ぶっちゃけ今のF1人気で日本語版を出してくれるだけでも奇跡ですからね。静かに受け入れましょう。

メリ
そんなに人気ないのかしら。

カーナンバー

ドライバーを識別するための番号ですね。車体に貼るやつですね。近年カーナンバーはドライバー毎の固定ナンバー制になったので余っている番号から選ぶことになります。

昔は、チームで決まってました。

「28」が目に入ったので問答無用で「28」を選択。それ以外あり得ません。

にゃんこ
は?
ベルガーファンです。歳がバレます。ベルガーと言えば自分的には「2」じゃなくてやっぱ「28」ですね。
にゃんこ
チャンピオンにもなってない人の番号でいいのか?

ダマラッシャイ!

国籍

ここはもちろん日本で。

メリ
私たちの国籍って・・・。

ってことで出来上がりました。

所属チームを決めます

とりあえず全部選べるみたい

トップチームだろうがドベチームだろうがどこでもいいみたいですが、せっかく評価されれば上のチームからオファーがくるっていうワクワクもんのモードです。ここは下位チームを選びましょう。

下位チームと言えば、2016年に限っては「マノー」「ルノー」「ザウバー」でしょうね。馴染みがある名前は「ルノー」「ザウバー」ですが、ここはF1とは思えないチープなカラーリングの「マノー」を選択。なんだか苦労しそうな予感です。

マノーでやるぜ

前回同様マノーで

チームメイトを決める

当然自分が実在のチームに入るので、元々いた二人のドライバーのうちどちらかが抜けることになります。特に理由はないですが、チームメイトには「リオ・ハリアント」を選択。とりあえずコイツとのタイム差で自分との差を確認してみることに。それで難易度を決めてみます。とりあえずのお試しプレイ時「イージー」を選択して結構上の方に行けたのはわかっているので、今回は「ミディアム」で挑みます。

さすがにイージーじゃなあ

さすがにイージーじゃなあ



グランプリ開幕

初戦オーストラリアGP FP1

オーストラリアのメルボルンにある公園をサーキットにした「アルバートパーク」が初戦です。まずは練習走行の意味合いもあるFree Practice(FP) 1をやっていきます。時間は90分間。今回実際のグランプリと同じ時間行うフルディスタンスを選びました。かなり無理がありそうですが、できるとこまでやってみます。

本来は練習だけじゃないんですがね。

F1の1グランプリのスケジュールは「FP1」「FP2」「FP3」「予選」「決勝」で行われます。このゲームはその通りに進めることが可能です。

飛ばすことも可能

またセッション中、ピットで走行を待ってるときに、タイミングモニターはもちろんのこと「ライブ映像」が確認できます。ライバルのチェックとかにいいですね。

ライブ映像が見れる

ライブ映像が見れる

ちなみにF1 2016年の年間スケジュールは史上最多の全21戦。昔は年間16戦くらいだったことを考えるとかなりの過密スケジュールですね。

さて、まずは初戦のFP1に向かいます。

初戦のオーストラリアGP アルバートパークサーキットは、典型的なストップ&ゴーサーキットです。今までの経験上、個人的には苦手としているサーキットです(もちろんゲームの話)。ブレーキングポイントがうまく掴めないというかなんというかね。しかし、負けちゃいられないのです。

キャリアモードはただ走るだけじゃない

このキャリアモード、チーム側もどんどん開発を進めて、マシン自体が速くなっていきます。その開発を行うためには通常はお金が必要になるわけですが、このゲームでは「FP」中にチームから与えられたミッションをクリアした際に獲得するポイントで進めていきます。成績によって変わってくるんで燃えますね。

チームから与えられるミッションも、選択したタイヤでのラップタイムや磨耗度、予選シミュレーションなど結構本格的です。ま、今回はあえなく失敗しましたが・・・。

開発ができる

開発ができる

下位チーム故の悲しき実情

いきなりクラッシュ・・・

やはり下位チームの現実が襲います。挙動がシビアで制御が難しい。チームというより自分の技量の問題かもしれませんが、結構調子良く走ってた周の最終コーナー手前で芝生に乗り姿勢を乱してスピン→壁に激突・・・。しかも跳ね返った先でフェラーリに追突されるという踏んだり蹴ったりをしでかします。いきなりやってしまいました・・・。

にゃんこ
いきなりかよ!
あーーやべーー

あーーやべーー

ガッシャーン

ガッシャーン

フェラーリがぶつかってきた

フェラーリがぶつかってきた

修理後タイムを出すも・・・

激走・・・したつもり

激走・・・したつもり

修理に時間がかかり、メカニックから冷ややかな声で愚痴られたあと、なんとか自身のベストを更新をしましたが結果はチームメートから約0.110秒の遅れを取りました。たかがこれだけの差じゃんと思うでしょうがF1ではチームメートに負けたの評価にしかなりません。次のFP2に向けて頑張りますか。

言い訳・・・バグ!?

言い訳としては、セッション中に「ハミルトン」がずっとスロー走行してて、イエローフラッグが出たり解除になったりして各マシンが数珠繋ぎになってしまうというバグ!?が発生して、それで結構時間を失っていたからということもあります。

イエローフラッグは、コース内が事故とかで危険な状態なので解除(グリーンフラッグ)になるまでの区間は追い越し禁止ってことです。
にゃんこ
言い訳すんな!
メリ
いつにも増して厳しいわね。
ずっとこれ

ずっとこれ

通常FPでは、タイムはあまり気にしないのが普通です。全員が予選シミュレーションをやってるわけではないので。ただ今回の自分は本気アタックだったのでねえ・・・。このゲームがどこまで再現してるのかは分かりませんが・・・。
にゃんこ
じゃチームメートは本気じゃないかもなあ。

ひ、否定できない・・・。難易度はこれでいい感じなので、このままで進めていこうかと思います。自分的にはかなりリアルなポジションですね。道のりは厳しそうですけど・・・。

ビリではないけれど

ビリではないけれど

FP1 result

チームメートの差です。

Position Name Time
13 Rio.Haryanto 1:37:440
15 Taro.Sumesi 1:37:558

関連記事

次の記事

目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #2

2016.12.19

F1 2016 購入はこちらから

普通の人はPS4版をどうぞ

奇特なXBOXファンはこちらで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。