目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #2

F1 2016 Round1 FP2、3

うまくいっていたと思いきや

Xbox F1 2016のキャリアモードでワールドチャンプを目指すことにした前回、難易度設定もうまく決まって悠々と進めていこうと思った矢先、また難易度で迷走気味になってしまいました。さて、今回は何があったのでしょうか。

にゃんこ
いつも迷走してるな。

タイムが一向に上がらない・・・

FP1でのタイムが1:37:558でした。普通そこからFP(Free Practice)の回数を重ねるごとに車のセッティングも煮詰まってきてどんどん上がってくるものです。しかし、意気揚々とFP2に臨んだものの一向にタイムが上がる気配がありません・・・。

タイムが上がらない・・・。

タイムが上がらない・・・。

FP2に入り周りはぐんぐんタイムを上げていくなか、なかなか1分37秒の壁を破ることができないでいました。セッティングを変えてみたりしてもダメだったり・・・。

FP1の様子

目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #1

2016.12.13



考えられる原因は2つ!?

主にコーナー脱出後の加速時のタイヤの空転(ホイルスピン)が酷くて姿勢を乱すことが多く、それで大幅にタイムロスをしていることが大半です。それ以外はコースを覚えていないとか、ボーッとしていたとかです。

コースアウト

覚えていないかボーッとしてるとき

これはアクセル操作ミス的

これはアクセル操作ミス的

ハンドルコントローラーに最適化?

最近のレースゲームはリアル志向が強く、ハンドル型のコントローラー前提で作られているようなところもあります(アクセル、ブレーキもアナログで足で操作するタイプ)。Forzaなんかは通常のコントローラーでもやりやすいようにかなり調整中されてますが、このF1 2016はどうなんでしょう。かなりシビアに感じます。いくらアナログトリガーのついたXboxでも指で微妙なアクセル操作はなかなかに難しいものがあります。

にゃんこ
単純に下手なんでしょーが。

そうとも言う・・・。

なんとか解消する手段はないのでしょうか。

トラクションコントロールを効かせる

レースゲームには、初心者でも楽しめるように様々なアシスト機能があります。今回のような悩みがあった場合は「トラクションコントロール」を効かせます。

トラクションコントロールシステム(英: Traction Control System, TCS)は自動車の制御機構の一種で、発進・加速時のタイヤの空転を防止する装置である。

まさにドンピシャのアシスト機能ですね。これって元々効き具合が「ミディアム」になってたんですね・・・。ってことでここを「フル」にして試してみました。

魅惑のアシスト

魅惑のアシスト

いきなり天才ドライバー

やばいです。これでやるとほぼアクセル操作がデジタル的にオン、オフで走れてしまうので一気に天才ドライバーの仲間入りです。でも、さすがにこれじゃあなあ。下位チームの車を速くしていくという醍醐味が薄れる気が・・・。

FP2 result

っというわけでFP2の結果です。トップとの差が1.405秒ってね。あり得ねえ〜〜。いくらこっちがSS(スーパーソフト)のタイヤを履いていたとは言えね。いきなりトップ10入りとか、さすがにこれでは余裕すぎっぽいね。

いきなりトップ10入り

いきなりトップ10入り

Position Name Time Tire
1 Daniel.Ricciardo 1:33:082 S
8 Taro.Sumesi 1:34:487 SS

っとここでタイヤの話を。F1ではタイヤは以下のように数種類あります。

タイヤコンパウンドは従来の6種類(スーパーソフト・ソフト・ミディアム・ハード・インターミディエイト・ウエット)に加え、新たにより柔らかいドライタイヤ「ウルトラソフト」が追加される。

とりあえず雨用は置いておいて、晴れ用のタイヤはウルトラソフト(US)→スーパーソフト(SS)→ソフト(S)→ミディアム(M)→ハード(H)の順にグリップが悪くなる方向になります(曲がりにくくなる)。しかし、グリップが悪くなる代わりにタイヤの寿命(走れる周回が多くなる)が長くなります。

ってことはSSを履いてるということは、(同じような性能の車なら)Sを履いた車よりも速いタイムが出て当たり前なんですね。なのでただタイムだけ見て一喜一憂しても空しいことになります。



結構重要 プレイ視点

さすがにトラクションコントロールをフルで使うのはやめて、別の方法を考えてFP3に向かいます。貴重な走行時間をかなり無駄にしてます。

F1 2016はコース走行時に色々な視点を選べます。この視点もレースゲームをやるうえでは重要だったりします。いままではテレビ中継時にあるオンボードカメラっぽい視点でやってたんですが、思い切って「コクピット視点」に切り替えてみました。

いままでの視点。テレビ中継っぽい

いままでの視点。テレビ中継っぽい

コクピット視点

コクピット視点

にゃんこ
そんなんで変わるのか!?

今回のF1 2016は、視点変更+微調整ができるので、自分好みに近づけることができます。なかなか優れものです。

いままでのF1ゲームでは、この「コクピット視点」はやりにくいの一言でしたが、今回は微調整できることもあってかなりやりやすいようです。しかも前の視点よりも車の操作がしやすい気がします。こ、これはいけるかも・・・。

FP3 result

やっと1分37秒切れたーーー!でも、ビリね・・・。

やっぱり練習あるのみなのか・・・。

結局ここら辺が妥当か

結局ここら辺が妥当か

Position Name Time Tire
20 Rio.Haryanto 1:36:809 S
22 Taro.Sumesi 1:36:968 SS
にゃんこ
プッ
メリ
たいへんねえ。

次はいよいよ予選です。絶望的・・・。

ちなみに

AIが進化

今回のF1 2016ですが、他の車の動き(AI)もかなり人間っぽくなってきました。いきなり事故ったりしているのでアタックラップ以外のスロー走行時でも気が抜けません。

事故もリアルに起こります

事故もリアルに起こります

見にくいですが、奥で事故ってます。リアルでかなりいいですなあ。

にゃんこ
しみじみしてるな。

関連記事

次の記事

目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #3

2016.12.26

前回の記事

目指せ!ワールドチャンプ F1 2016 #1

2016.12.13

F1 2016 購入はこちらから

普通の人はPS4版をどうぞ

数少ない自分のようなXBOXファンはこちらで