目指せワールドチャンプ F1 2016 #7

F1 2016 Round2 予選です

バーレーンGP

さて、前回まずまずの結果だったバーレーンGP フリー走行。いよいよ予選に臨みます。さて、どうなることやら。

F1 2016 バーレーン

今回は順調です。

まずまずだったフリー走行

目指せワールドチャンプ F1 2016 #6

2017.02.06
にゃんこ
どうせ失敗するでしょ。

まずはバーレーンGP予選目標

毎回チームの方から目標を課されます。これはただの目標ではなく対チームメイトとの比較に使われるので重要です。

F1とかモータースポーツにはよくあることですが、だいたい1チーム2台体制だったりすると1stドライバー、2ndドライバーという扱いをするチームがあります。もちろん名前からして1stドライバーが優遇されるわけですが、特にお金のないチームなんかだと同じ性能の車を2台も用意できず、先行して1stドライバーに性能のいい車を用意したりします。あと、2ndドライバーは1stドライバーのサポート役に徹することとしているチームもあったりします。なもんで当然ですが、まずは1stドライバーになることが第一目標ですね。
F1 2016 バーレーン 目標

チーム目標

バーレーンGP 予選目標

以下の目標が設定されました。

  • 予選19位以上
  • チームメイトに勝利

とりあえず是が非でも順位はともかくチームメイトには勝ちたいですね。

メリ
ライバル心むき出しね。

スポンサーリンク



バーレーンGP予選スタート

予選1(Q1)

予選第1セッションの開始です。まずはタイヤコンパウンドは柔らかい「SS」で臨みます。車のセッティングは一度決めたら予選、決勝を通して変えられないので悩みますが大事をとって「バランス型」にしました。

このゲーム、車のセッティングは細かく自分で設定もできますが、「そんな時間ねえよ」って人のためか、初心者用のためか予めプリセットされたセッティングが5種類用意されています。大雑把に分類すると以下のような感じです。

  • 直線スピード重視:直線は速いが、曲がりにくい
  • コーナー重視:直線は犠牲にして、コーナーを曲がりやすく
  • バランス:中間

ここで「バランス」を選択するところに自分の小心者っぷりが出ています。冒険しません。

にゃんこ
つまんねーな。

情報によるとこのバーレーンGPのサーキットは高速タイプのレイアウトなのでどちらかというと「直線スピード重視」でいくのが定石かと思います。本来なら。

F1 2016 バーレーン

結構得意なのかもーー

どうせ下の順位なんだからという下向きの考えなので、ほぼ練習のつもりくらいで予選に臨みます。それが功を奏しているのかなんなのか意外に普通に上の順位にいけてます。これはもう自分の実力というより、やっぱりこの「F1 2016」の他のライバル(CPU)達がバーレーンインターナショナルサーキットが苦手なんだということがわかりました

軽く走って、8位でした。

予選1 結果

F1 2016 バーレーン 予選1

なんとQ1は6位!!

チームメイトにはすでに圧勝です。予選1は17位以下はノックダウンなので、この時点でチームメイトは予選終了で順位確定です。さて、お次は予選11〜16位を決める予選2(Q2)です。

Position Name Time Tire
8 Taro.Sumesi 1:38:013 SS
22 Rio.Haryanto 1:39:705 SS

予選2(Q2)

さて、予選2の始まりです。さっきはタイヤコンパウンド「SS」だったので、今回は少し硬めの「S」で臨みます。予想では「16位」近辺に入れればいいやと思って相当力が抜けた状態で走ってたのだと思います。なんか最初のアタックで既にかなりいいタイムを出しました。しばらくずっとタイムテーブルにはP1 TARO.SUMESIの文字が…。そして、そのまま予選2の終了。

F1 2016 バーレーン 予選2

いきなり出たトップタイム

な、なんとまだ予選2とはいえ、いきなりトップタイム…。ちょっと出来すぎというかありえない感じに当惑気味です。難易度設定もっと上げてもよかったかしら…。

F1 2016 バーレーン 予選1位

ありえない順位に当惑

予選2 結果

タイヤも固めを履いているのに、SSの時よりだいぶタイムがいいですね。なんででしょう。ま、いっか。
実際にこんなことがあったら一躍スターダムにのし上がる事でしょう。それくらいのインパクトです。

Position Name Time Tire
1 Taro.Sumesi 1:36:967 S

欲が出る予選3(Q3)

そしていよいよ予選1〜10位を決めるQ3が始まります。予選2の結果が悪さをしてついつい欲が出てしまいます。こうなったらデビュー2戦目のポールポジション(予選1位)を狙ってやると

そうなんです。そうなると当然のごとく「力み」が入ります。意識しまくりです。肩の力を抜いた方が力を発揮できるという好例です。失敗しまくりです…。

F1 2016 バーレーン 失敗

縁石乗りすぎ…。

予選3 結果

結局いいラップを一回も決められずに予選終了。ま、あれだけ失敗して7位なら上出来かもしれませんね。ラップタイムを見ると予選2のタイムから「+0.200」くらいと考えると予選2の時から周りがだいぶタイムアップしているんだということがわかります。フリー走行、予選中にタイムアップのコツをつかめなかった自分の責任でもありますね。

F1 2016 バーレーン 予選3

結局7位に…

にゃんこ
ま、こんなもんだろ。
メリ
あーぁ。
Position Name Time Tire
7 Taro.Sumesi 1:37:190 S

予選7位からのスタートになります

さて、そんなこんなでバーレーンGP決勝は7番グリッドからのスタートになります。課題のスタートを克服できるのかも見ものですね。どうなることやら。



他の記事

次の記事

目指せワールドチャンプ F1 2016 #8

2017.02.21

前回の記事

目指せワールドチャンプ F1 2016 #6

2017.02.06

F1 2016 購入はこちらから

普通の人はPS4版をどうぞ

数少ない自分のようなXBOXファンはこちらで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。