目指せワールドチャンプ F1 2016 #8

F1 2016 round2 決勝

バーレーンGP

さてさて、予選好調だった「Taro.Sumesi」ですが、いよいよ決勝です。

F1 2016 バーレーンGP

いよいよバーレーンGP決勝

ありえない予選6位

目指せワールドチャンプ F1 2016 #7

2017.02.16

スタートがどうなるかね…。前回は超絶失敗してほぼ最後尾まで落ちたのでした。さて今回はどうでしょうか。スタートはマニュアル操作を選んでいるので、タイミングが難しいです。どんな操作をするかというと…

  1. Aボタンを押したままにして「ニュートラル」にする
  2. アクセルを踏んで(Rトリガ(アナログ))、回転数を一定にする
  3. スタートシグナルに合わせて、Aボタンを離す(クラッチを繋ぐ)
    1. Xbox oneでの話です。

      この動作が必要になります。単純な動作ですが結構緊張します。前回のオーストラリアGP決勝の時にも書きましたが、このゲーム「フォーメーションラップ」の再現もあるのでスタート前の緊張というか高揚感はなかなかいいものがあります。

      スタート前の設定

      タイヤ交換のタイミングを決める

      設定と言っても今のF1は決勝前に車をいじれるわけではないので※、タイヤ交換をいつのタイミングで、どのコンパウンドのタイヤにするかを選ぶくらいです。選ぶくらいですと言っても実際はコレ、かなり重要なわけですが。

      「予選から決勝までパルクフェルメ内(現行ルールではレースセッションを行っていない状態のマシンを「パルクフェルメ状態」と呼ぶ)で保管を行い、一切外部からの力を与えてはならない」とする現行ルールの元となるレギュレーションが制定されたのは2003年からである。レギュレーション上では基本的に予選終了後の土曜日18:30から決勝当日の日曜日8:30までパルクフェルメにて各マシンは保管されなくてはならない。

      Wiki

      作戦は!?

      今回のバーレーンGPも前回同様全29周で行われます。

      ハーフ設定なので短いだけで、実際のF1ではもっと長いです。

      この29周を3分割して、タイヤ交換をソフト→ソフト→ミディアムで行こうという作戦です。ピットタイミングはLAP6とLAP16あたりが目安の作戦です。これはタイヤの寿命重視のどちらかというと無難な作戦です。前回のオーストラリアでもタイヤの寿命が最後きつくなった経緯からこうなった次第でございます。

      にゃんこ
      ツマンネーな
      メリ
      冒険しないタイプね

      ちなみにチームから通達されている目標は

      • 15位以上でフィニッシュ
      • Rio.Haryantoに勝利
      • ドライバーズチャンピオンシップ19位以上
        • 今回の調子から言ってなんとなく達成できそうな数字です。

          スポンサーリンク



          バーレーンGPスタート

          なんとまずまず

          いよいよスタートです。緊張の瞬間でしたが今回は冷静に対処することができてロケットスタートというわけでもないですが、まずまずのスタートを切ります。

          F1 2016 バーレーン スタート

          緊張のスタート…

          なかなかの好スタートです。

          F1 2016 バーレーン スタート

          今回は頑張った

          F1 2016 バーレーン スタート

          1コーナーもいい位置に

          フェラーリ、ウィリアムズと競るという夢のような展開

          1コーナーを無事に6~7位あたりで通過して、その後フェラーリ、ウィリアムズあたりと競り合いながらの1LAP目。なんとか競り勝ち4位に浮上。前はハミルトン(メルセデス)、ライコネン(フェラーリ)、ロズベルグ(メルセデス)という豪華な布陣です。2LAP目に入って、調子に乗ってロズベルグまで抜くかというところで、前が突然スローダウンします。

          F1 2016 ウィリアムズ食い

          まさかのウィリアムズ食い

          F1 2016 ベッテルまで食う

          ベッテル(フェラーリ)抜いて4位へ

          セーフティーカーも再現されています

          え!?なんだ!?と思ったら「SC」の表示。これ、事故か何かでコース内が危険と判断され「セーフティーカー」が導入されたということですね。

          セーフティカー(safety car)とは、モータースポーツにおいて、マシンがコース上でクラッシュし、路面に脱落したパーツやその破片が散乱、またはマシン本体がコース上に止まっている場合、散乱したパーツによる損傷や二次クラッシュを防ぐ目的でレースを先導する車のことである。大雨などの荒天のときも、レースを先導することがある。

          Wiki

          F1 2016 セーフティカー

          突然スローダウン、そのわけは?

          F1 2016 セーフティーカー

          セーフティーカー導入

          リプレイ時に後ろを確認するとこの事故が原因だったようです。きちんCPU同士でも接触して、きちんとセーフティーカーまで導入されるんですね。最近のゲームの進化は凄まじいです。

          F1 2016 クラッシュ

          これが原因だったみたい

          このマシン同士の接触で落ちた部品がコース内にあったためにセーフティーカー導入となったようです。

          ちなみにこの落ちた部品もゲーム内で見えます。

          セーフティーカー時は追い抜き厳禁

          セーフティーカーラン時は、当然ですけど追い抜き禁止です。しかもレーシングスピードで走っているわけではないので、タイミングによってはタイヤを交換してもすぐに追いつけるから交換してしまうのもありだし、ゆっくり走っているからタイヤの寿命も長くなるので少しタイヤ交換の時期を伸ばしたり作戦を変えることもできます。もちろんこのゲームでもそれが可能(!)。

          ってことで作戦をセーフティーカーラン中にスーパーソフトに履き替えて、再スタート後に飛ばしに飛ばして他がピットに入っている隙にどんどん前に行ってしまおうという作戦に変更。さっきとは違って賭けに出ました。

          にゃんこ
          珍しく冒険したな。
          メリ
          キャッ。

          スタートで4位にいるのだから最終的なピットアウト後にそれ前後にいて、最終的に4位以上にならないと作戦失敗になるわけです。

          セーフティーカーはいつ解除になるかはわからないので、寿命の短いタイヤを履いてずっとセーフティーカーのままだとそのまま寿命になってしまうことも考えられるので博打みたいなもんです。ま、こんなところもF1の面白さの一つです。
          F1 2016 ピットでの賭け

          賭けに出て、スーパーソフトに

          F1 2016 気持ちいいぜ

          気持ちいいくらいに抜いていく

          F1 2016 スーパーソフトで飛ばす

          ここでごぼう抜きできたのがでかいかも

          2回目のピット

          6位くらいまで上がったところで2回目のピットへ。ここでソフトに履き替えて出て行きます。次のピットまでに今自分がピットに入っている間に抜かれた相手を再度抜いていかなくてはいけません。

          スーパーソフトのタイム的なマージンで、少しだけ前の位置で戻れてる。
          F1 2016 ピット作戦

          また抜いていくしかない

          ここも大きいミスもなく、順調に周回を重ねます。そして、5位のフェルスタッペン(Redbull)を抜きあぐねているところでタイヤ寿命も来ていたこともあり、早めにピットに入りピット戦略で前に出てしまおうという魂胆に切り替えました。次にフェルスタッペンがピットに入って出たあとに前に出ていれば成功です。

          F1 2016 アンダーカット

          早めにピットへ

          F1 2016 飛ばすしかない場面

          ピットアウト後は飛ばせや飛ばせ

          フェルスタッペンピットイン

          緊張のフェルスタッペンの最終ピットインです。頑張って飛ばしまくったおかげで、なんとかフェルスタッペンの前に出ることに成功。接戦でした。

          F1 2016 フェルスタッペン抜く

          フェルスタッペンをピット戦略で抜く

          ここでついに4位へ

          最後はやっぱりタイヤがきつい

          最後、3位との差が15秒近くあったので3位は諦め4位キープで行くことに。しかし、さっきフェルスタッペンの前に行くために飛ばしに飛ばしたためタイヤがきつくなってきました。タイヤを新しくしたい欲望が湧きます。でも、さすがにこのあと数周というタイミングでピットに入ってしまっては今までの苦労が水の泡…。頑張るしかありません。

          しかも、フェルスタッペンを抜いて5位に浮上してきたベッテル(フェラーリ)に追い回されることになり、かなり厳しい展開でしたがなんとか4位フィニッシュすることができました。殊勲の4位。疲れたけどかなり熱くなりました。

          F1 2016 Ferrari

          やばい

          F1 2016 Ferrari

          ギリギリの戦い

          F1 2016 バーレーン Finish

          ゴーーール!!花火も。

          マジに面白いぜF1 2016

          F1 2016、マジに面白いですよ。こりゃかなり嵌れそう。セーフティーカー導入時の駆け引きも楽しめるなんて最高です。4位に気を良くして次の上海GPもガンガン行きます。

          にゃんこ
          調子に乗ってんなあ。
          メリ
          ホントね。

          バーレーンGP 決勝結果

          F1 2016 バーレーン 結果

          結果は4位!!

          チームに課された目標も難なくクリアです。ちょっと難易度が低すぎたかな…。

          F1 2016 ランキング

          ドライバーズランキングは6位に浮上

          次の記事

          目指せワールドチャンプ F1 2016 #9

          2017.03.06

          前回の記事

          目指せワールドチャンプ F1 2016 #7

          2017.02.16



          F1 2016 購入はこちらから

          普通の人はPS4版をどうぞ

          数少ない自分のようなXBOXファンはこちらで

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。