[PS VITA] 不思議のクロニクル 振リ返リマセン 勝ツマデハ 体験版

なんだか可愛らしいキャラが登場のシレン?

タイトルが目についてダウンロード、試してみます。しかし、変なタイトルですね。一瞬、戦争モノかと思ったほどです。でも、どうやらよくあるRPGの王道的な設定です。

普通のRPGっぽい話

普通のRPGっぽい話

普通のRPGかと思いきや

しかし、チュートリアル的な序盤をやっていると、あれ?これ?シレンと同じシステム?っと思い始めました。っていうかそれもそのはずコレ作ってるのは「シレン」を作ったのと同じメーカーですね。「チュンソフト」です。ドラクエの開発で名を馳せた会社ですね。

1984年にゲームクリエイターの中村光一が電気通信大学在学中に設立したゲーム会社。中村の友人らが株主となり、調布市の賃貸マンションの1室で社員5人により活動を開始した。第1作は1985年のPC-6001版『ドアドアmkII』だった。
会社の名前は、中村光一の「中」と麻雀の「中」(チュン)に由来している[2]。
ファミコンブームの到来によって、ファミコン版『ドアドア』のヒットで経営を軌道に載せることに成功し[1]、以後、開発した家庭用ゲーム機のゲームソフトをエニックス(後のスクウェア・エニックス・ホールディングス)から発売していた。ドラゴンクエストシリーズの生みの親、堀井雄二に依頼され、『ドラゴンクエストI』から『V』までのプログラミングを担当している。
2005年4月21日付で、携帯電話コンテンツなどを手がけるドワンゴが買収し、同社の子会社となった。2010年8月には同じくドワンゴ系列となっていた旧T&E SOFTと同所に名古屋オフィス開設。
2012年4月1日、チュンソフトを存続会社にして同じドワンゴ傘下のスパイクを吸収合併し、株式会社スパイク・チュンソフトに社名を変更した。引用:Wiki

そのシレンはこちら

[PS VITA] 不思議のダンジョン 風来のシレン 5 体験版 #1

2016.10.07

同じシステムを使ったからと言って…

前述のように基本システムは「シレン」と同じです。ターン制とかね。それは過去記事のシレンを参照していただいてですね。だったら面白いんじゃないかという淡い期待も出てくるわけですね。

こうも違うか

システムが同じなんだから面白いだろうという目算は脆くも崩れます。

小さっ

メリ
いきなり核心ね。

何がどうダメかってね。キャラクターが小さすぎる!!

右中央に見えるのが主人公

右中央に見えるのが主人公

メリ
そ、そ、そ、そこ??

いやね。こりゃいくら何でも小さいでしょ?敵と戦ってる時もこのサイズなんで何がどうなってるのか分からないっちゅうの!これ?PS VITA用ですよね?その辺もっと気をつかって欲しかった。これだけでやる気が…。

な、何が起きてるの?

な、何が起きてるの?

キャラが電車でやるには…

あとは電車の中とか人が多い中でやるには、不向きですね。気にならない人は気にならないでしょうけど…。さすがに急に下の画面になった時は焦りました(笑)。

さすがにね。

さすがにね。

こっちは大丈夫だけど(笑)

これならね。

これならね。

ストーリーも入ってこないし、目的が??

やってると昔の「ハイドライト」とか「イース」的な雰囲気を感じますね。でもだったらそっちをやりたいね。普通のRPGよりも自由度が少なく、左から迫ってくる光の壁に当たるとダメとか設定が何世代前なんだという感じです。

懐かしい

懐かしい

画像引用元:ミドルエッジ

かなり酷評してしまってます。おそらく「シレン」をやった後だったのでハードルがかなり上がってたというのもあるでしょう。非常に残念です。もっとやりたいという感じではありませんでした。システムが面白いからって何でも合うわけではないのですね。