[PS VITA] モーターストーム RC 体験版

タイトル 荒くれ感がありますな。

タイトルは荒々しい感のモーターストーム

さて、今回はいつもなら絶対に手を出さなそうなタイトル、モーターストームにチャレンジしてみました。

メリ
なんで手を出さないのかしら?

なんでかというと、タイトルからして車を使うのは分かります。レースゲームは大好きなのでやりそうなものなのですが、ストームという言葉から想像するに普通に走らせてはくれないだろうという勝手なイメージからきてます。まあ、でもだいたいそのイメージってのは合ってるもので・・・。後はなんかバギーを走らせるとかそんなイメージもあってね。

基本、ちゃんとしたレーシングマシンを使った真面目なレースゲームが好きなんですよ。

にゃんこ
聞いてねーし。

ま、そんな個人的事情はさておき、今回は手軽にできそうなものをということでチョイスしてみました。


見落としていたRCの文字。

始めてみて気がつきました。タイトルに「RC」があるじゃないですか。もしやこれはレディオコントロールですか?

どっから見てもラジコン

どっから見てもラジコン

やっぱそうですね。そりゃそうです。荒くれといったのがこっぱずかしくなるくらい、そして、清々しいほどにレディオコントロールです。

メリ
それ気に入ったわね?レディオコントロール。

ラジコンってことは操作は…

レディオコントロールということは、気になるのは操作ですね。ラジコンゲームだと画面は見下ろし型と相場が決まってます。ええ、まずそうです。じゃないと普通のレースゲームっていえばいいじゃんと突っ込まれるのがオチです。

上から眺める感じ

上から眺める感じ

っとまあ、実際にラジコン場(っていうのか?)でやる感覚に近い感じになります。行ったことはないんですが、「RCカーグランプリ」世代ですから。←歳ばれるな。当時グラスホッパー、ワイルドワンとか憧れたものです。

にゃんこ
全く持って関係ないな。

で、何の話しでしたっけ、ああ、操作の話ですね。そうレディオコントロールゲームの大きな特徴は操作性にあります。普通のハンドルの右左はそのままですが、車の向きは見た目変わってもコントローラーの左右は変わらないんです。分かりにくいですね・・・。ゲームの画面上、車が右に向かって走っている時は右を押すと下に曲がるという具合です。慣れないと混乱します。設定を変えれば上押したら上、下押したら下みたいになりますけど、こっちは苦手。昔からこれ系のゲームは前者を選びます。

レースは大混乱に。

そんな操作性なもんで、当然まっすぐ走るのもままなりません。しかも障害物的なものも出てきます。いきなりくると避けるのは無理ゲーです。←オヤジ限定。

障害物もある。対応するにはそれなりの反射神経が・・・。

障害物もある。対応するにはそれなりの反射神経が・・・。

そんなこんなでレースは大混乱、まさにこれがストームってわけですか。ちょっと好みではないですね。普通のレースゲームでいいです。それもありますが・・・普通のレースならレディオコントロールゲームを選ばないっていうスパイラル。選ばない理由はここにあります。


それでもタイムアタックは。

そんなラジコンものでも楽しめるのは、やはりタイムアタックですね。普通のカートコースのような所で延々とやってました。これだけで充分かも。開発したみなさんごめんなさい、体験版で大丈夫です(笑)。

普通のタイムアタックもある。

普通のタイムアタックもある。

これが一番面白い

これが一番面白い





タイトル 荒くれ感がありますな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。