[PS VITA] ロゼと黄昏の古城 体験版

トラウマきたか

ロゼと黄昏の古城をやってみる

まさかの悪夢再来?

今回はこの「ロゼと黄昏の古城」を選んでみました。タイトルから、「ico」っぽいゲームかなとか勝手な想像をしていて期待しちゃってました。でも、タイトル画面を見ると・・・出た、モノクロ系・・・。

トラウマきたか

トラウマきたか

うう。まさかの「LIMBO」をインスパイアしちゃってる系じゃないだろうなあ~。←インスパイアの使い方がいまいち分からないのに使ってる。

トラウマ的なゲームなLimbo

[PS VITA] Limbo 体験版

2016.09.26
にゃんこ
まあ、言わんとしてることは分かる。

っていうか、どっちが先かとかも知りません。



お前も残酷系か!?

なんでこんな表現にするかな

ビンゴでした。結構残酷な表現を使ってます。こちらもパズル系で謎を解きながら進んでいく、ただ「LIMBO」よりはキャラクターがゆるい。そこだけはいいけど。

主人公は女の子

主人公は女の子

女の子といっても、ちょっと電車の中で堂々とできるタイプの絵ではないけど(笑)。ま、そこは我慢します。

このゲーム、どうやら「赤いアレ」がテーマになってるらしく主人公がドラキュラ的にそれを吸い取ったり、与えたりすると障害物なんかが動いたり、止まったりするんですね。それを駆使して先に進むみたい。

それが物議を醸し出す。

ゲームの背景は、見て分かるようにモノクロです。でも「赤いもの」がテーマになってるばかりに、それが赤々と表現されてるんです。これっていいんですかと言いたくなる。

赤はアレを表している

赤はアレを表している

あえてそれっぽくない画像にしましたが、割と目立つ感じなんです。それがね、高い所から落ちたりとか・・・。赤いだけでかなりリアルになります。音も・・・。なんであえてこんな表現にするんでしょう。残酷な表現にするメリットってあるんですかね・・・。

後に分かることですが、主人公は既にこの世にはいない存在みたいなんですね。でも、だからってそれが許容できるわけでもないです、ハイ。

え?そうなの?

え?そうなの?



ロゼと黄昏の古城の進め方

巨人とかと共に進んでいく。

途中、ボスかと思ったら巨人を仲間!?にします。この巨人は主人公や重いものを抱えたり、投げたりできるので謎解きの幅が広がります。

ボ、ボス!?

ボ、ボス!?

一応仲間みたい

一応仲間みたい

抱えたり、投げたり

抱えたり、投げたり

でも、ぶっちゃけ謎解き自体はそんなに難しくはないですが、ミスるとちょい手前から再開なんで、またやるのがめんどくさい場面も。ここはどうにかして欲しかった。

メリ
はっきり言ったわね。
謎解きはめんどい

謎解きはめんどい



ロゼと黄昏の古城を続けたいかどうかと言われたら

やっぱり続けたくはない。

いくらキャラクターが可愛らしくなろうとも、残酷なのは勘弁願いたい。一応体験版最後までやりましたが、クリア前のこの画像で次に何が起こるか想像してみてください。主人公自らが・・・自粛・・・。

まさか

まさか

いちいち

いちいち

主人公は不死身だけど

主人公は不死身だけど。

いくら主人公が不死身だっていってもね。限度ってもんがありますわい。

にゃんこ
プッ。最近ハズレひいてるなあ。
体験版終了

体験版終了。

トラウマきたか

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。