[PS VITA] 蒼き革命のヴァルキュリア体験版を試してみようぞ

蒼き革命のヴァルキュリアをやってみた

たまたま発見したゲーム

この前ネットサーフィン(古い?)していて、たまたま広告みて知った「蒼き革命のヴァルキュリア」をダウンロードして遊んでみました。タイトルはかっこいいですね。なんかヴァルキュリアって聞いたことあるようなないような・・・。

ヴァルキュリア タイトル

ヴァルキュリア タイトル

戦場のヴァルキュリアシリーズらしい

『蒼き革命のヴァルキュリア』(あおきかくめいのヴァルキュリア)は、セガゲームスより2017年1月19日に発売予定のPlayStation 4およびPlayStation Vita用コンピュータRPG。

戦場のヴァルキュリアシリーズの流れを組むヴァルキュリア プロジェクトの作品だがゲームシステム・世界観・登場人物などは一新されている。

Wiki

ははあん、「戦場のヴァルキュリア」ね。名前は知ってるかも。ま、やったことはないんですけどね。

にゃんこ
ねーのかよ。

今回は「蒼き革命のヴァルキュリア」というなんだか大作RPGっぽい雰囲気だけでダウンロードしてみました。

メリ
軽いわね。

ヴァルキュリアやってみますか

オープニングは綺麗

早速プレイ開始といきますか。さすが大作っぽいこともあってグラフィックはすごいですね。お金かかってそうです。ムービーは当然のようにフルボイス。

ヴァルキュリア オープニング

オープニングから綺麗ですな

にゃんこ
っぽいって・・・

ストーリーは面白そう

どうやら昔話をしていてその話を追体験していく形で始まるようですね。大罪人と言われる5人は本当に大罪人なのか!?というのを追っていくみたいです。いまいちよく分かりませんが、大罪人というのは「己の復讐のためにユトランドをルーシ帝国との戦争に誘ったとして処刑された5人」ということらしいです。なかなかストーリー自体は興味を惹かれます。

ヴァルキュリア ストーリー

この人は大罪人ではないと思ってる派

ヴァルキュリア ストーリー

随分昔のことのようです

メリ
複雑そうな話ね。
にゃんこ
メリには無理だろ。



世界感はまさにアレ

FF7ライク

このヴァルキュリアの世界感は、FF7以降のFFをごちゃ混ぜにしたというか、中世っぽいファンタジー路線なんですけどね。SFっぽいのが出てきたりするのもFFのそれです。それは別にいいんです。FFで慣れてるし。でも登場人物の時代設定というか特に身にまとっている衣装がチグハグすぎやしないか。

にゃんこ
細かいなあ。
ヴァルキュリア 主人公

これが一応主人公っぽい

この辺はまだいいけど、統一感がない気もしますね。慣れの問題かな。

ヴァルキュリア 衣装

スーツみたいなのもいる

ヴァルキュリア 中世

かと思えばゴリゴリの中世っぽい感じも

ヴァルキュリア メカ

タイムボカン的なメカとかも

お色気はいらん

この大作感、重厚なストーリーなのになぜかお色気っぽいのもあります。ま、あってもいいんですけど強調されてもねえ。限度ってもんがあります。最近のゲームだと割と胸を強調する傾向がありますね。強調というより誇張し過ぎなのもありますけど。そんなのは別のジャンルでやってください。なんでも入れればいいってもんじゃないでしょ、狙いすぎ。

ヴァルキュリア お色気

やけに強調気味

にゃんこ
マジメかっ。



ヴァルキュリアのシステム

基本はアクション

戦闘は基本アクションで進めます。最近多いですね。電車プレイが多い自分にはあまり激しいアクションはキツイというか、あまり電車内でガチャガチャ音を立てたくないのであります。いいオジサンなんで・・・。

メリ
こ、個人的な・・・。
ヴァルキュリア システム

基本はアクションです

アクションだけど「待ち」がある

この「蒼き革命のヴァルキュリア」が特徴的なのは、バトル中「待ち」が発生することです。防御や避けるなどの動作はいつでもできますが、攻撃に関しては「Ready」という表示になるまでできません。

ここはなんだか違和感を感じました。どぉーーっと敵に突っ込んで行っても「攻撃できねえ」ってときがあります。操作性悪って勘違いしました・・・最初は慣れが必要ですね。でも、これをやるならわざわざアクション系にしなくても良かったんじゃ・・・と密かに思います。

ヴァルキュリア 違和感

待ちが入る違和感

基本攻撃以外もいろいろあるみたいですが、そんなものを試す時間もないくらいに戦いがある程度終わるとすぐに次のイベントに進んでしまいます。

もう少しアクションやらせてくれ。

ヴァルキュリア 応用攻撃

いろいろできるっぽい

スポンサーリンク



ここがダメだよヴァルキュリア

いきなり登場人物多すぎ

別に悪いってわけでもないんですけどね。でも、いきなりわんさか出てきても「えーっとアナタはどちら様だっけ?」状態になってよく分からないまま話が進んでしまいます。若い人は違うのかね。

ヴァルキュリア 登場人物

いきなりこれ

ヴァルキュリア 登場人物

覚えられません

体験させてくれない体験版

あくまでも体験版の話ですけどね。

のっけからですが、とにかく話が長い。この体験版クリアまでにかかった時間はおよそ3、40分程度です。その中でメインの戦闘部分を体験できたのは、多めに見積もっても10分程度。お分かりでしょうかほとんどの時間をムービー鑑賞でストーリーを追っているという状態です。しかもロードも頻繁にある。

しばらく話を眺めててロード、あーそろそろ戦闘できるのかなあって思ったらまたムービー開始・・・。結局その繰り返しでとうとう体験版終了のお知らせが・・・。というひどい有り様。途中から早く終わらないかなあと切に願っていました。

ヴァルキュリア 戦闘

戦闘を体験できるのはほんの少し

ヴァルキュリア ムービー

むしろずっとこんなの

ヴァルキュリア ロード

ロードしたかと思えば

ヴァルキュリア ムービー

また始まる このループ

そう思わせた時点でちょっと失敗ですよね。ここまで詰め込まれると制作者サイドのエゴとしか・・・。練りに練られたストーリーなのかもしれないけど。



そんな中のオアシス!?

姫がいい味出してる

そんな中笑ってしまったというか、今後どうなるか気になる存在がいます。それはこのお姫様「オフィーリア」です。

ヴァルキュリア オフィーリアちゃん

オフィーリアちゃん

そんなかっこで戦闘できるのかといういきなりの突っ込みどころがありますが、まずこのお姫様、戦闘経験がない。でもこの戦いには参加したいらしい。

だから自分でも足手まといにならないか心配とかそんな話をしていたんですね。そしたら、いきなり奇声を上げて走り出してしまいます。なんだなんだと思ったら敵に特攻かけてます。

ヴァルキュリア 姫のご乱心

どうしたどうした

ここは自分で操作しているんですけど、「できないできないってアンタ結構やるじゃん」って突っ込みながらのプレイ。思わず吹き出しそうになりました。

ヴァルキュリア ギャグ

アンタやるじゃないの

ヴァルキュリア 姫やりすぎ

ストップストップ そこまでやれとは言ってないって

その後我に返って血を見てまた不安定になりますが、まーやっぱり頑張るということです・・・。姫頑張れ。これは真面目なエピソードなのかギャグなのか分かりませんが、なにげに今後の成長が気になる存在です。

ヴァルキュリア 姫の迷い

我に返る姫

ヴァルキュリア 姫二転三転

まあ、でも頑張るみたいです(笑)

メリ
そ、そこ!?

ぶっちゃけヴァルキュリアの評価

不明すぎる

体験版だけで判断しろと言われると厳しいですね。ただストーリーは面白そうだし、ボリュームもありそうなんでそういうのが好きならという感じでしょうか。自分は・・・姫のエピソードだけで安く配信してくれないかな。

にゃんこ
そこ?

それは冗談として・・・ストーリーは面白そうなんだけどなあ。ただの戦争ものじゃないだけに。でも、買うー!とまではならないんだなあ。この体験版だけやると・・・。広告をみてかなり期待していただけに残念。

ヴァルキュリア ストーリー

戦争を裏で仕掛けた理由はこれ?

ヴァルキュリア ストーリー

コイツらも仕掛け人!?



Youtube

PV

蒼き革命のヴァルキュリア購入はこちら

PS VITA版

PS4版もあるみたい

公式サイト

発売はSEGAから