Androidアプリを作ってみる #9 -ボタンを押したら その2-

なんだか味気なかったので…

前回、ボタンを押したら何かを表示するっていうことやりましたが、なんかこう華やかさがないというかあんまりプログラミングして動かした感がなかったので、今回はもう少し違った表示の仕方をやってみたいと思います。

その例のやった感がないときの記事

Androidアプリを作ってみる #8 – ボタンを押したら その1–

2016.10.01
にゃんこ
表示するってのは変わらないのな。
メリ
しっ。

パン祭りではない。

前回はこんな表示でした。味気ないですね。ええ、そうですね。

はい!! メリの馬鹿表示っと

はい!! メリの馬鹿表示っと

トースト??

今回、やってみるのはAndroidの機能である「トースト」っていうものを使います。これは超熟的なことではなく、白いお皿とも関係ありません。所謂ポップアップ表示のことです。WindowsとかPCでも、いけない操作とかすると「ザンっ」とか怒られることありますよね?そう、そんなやつです。今度はそれで「メリの馬鹿」を表示してみたいと思います。

メリ
。。。

変更は簡単??

以前のプロジェクトをそのまま使います。前回はこんな感じのプログラムになってましたね。

これのボタンが押されたときの処理のみ変えていきます。

まずは、前回の「メリの馬鹿」部分を消しましょう。あ、消さなくても大丈夫ですけど、とりあえず消したいけど、まだこの「メリの馬鹿」部分もまだ使うかもなあって場合は以前も出てきてた「コメントアウト(//を行頭に書く)」機能を使います。以下のようにすればプログラム上無効になります。

メリ
なんかいちいち気になる言い方するわね。
メリ
って言うか太字にして強調する意味ある?

Android Studio恐るべし。

では、その「トースト」やらを使ってみましょう。ここでAndroid Studioの超便利な機能があります。
下のようにonClick()の中に、Toastと入力すると使う機能の一覧というかこれから入力するものの候補があがります。使うのはandroid.widgetの方なのでそれを選ぶと…。

Toastって入力し、android.widgetの方を選ぶと

Toastって入力し、android.widgetの方を選ぶと

うお、なんか出てきた!!!!

え、何もやってませんけど、プログラミングできたの?

え、何もやってませんけど、プログラミングできたの?

このmakeText()というメソッドの仕様は以下のようになります。

Toast makeText (Context context, CharSequence text, int duration)
Make a standard toast that just contains a text view with the text from a resource.

Parameters
context: The context to use. Usually your Application or Activity object.
text: CharSequence: The text to show. Can be formatted text.
duration: How long to display the message. Either LENGTH_SHORT or LENGTH_LONG

Android Developers

()の中のパラメータで、表示する文字、表示時間を指定するみたいですね。

context

このContext contextって意味分かりませんよね?とりあえずここは気にすることないんですけど、Contextっていうクラスをconextっていう名前で使いますよっていうおまじないみたいなもんです。そのContextの機能を使うために使用するのがcontextです。意味分かりませんね。このままスルーでいきましょう。

一つ目のcontextは、そのままですね。Usually your Application or Activity object.とあるので自身のActivityを指定しろって。これは自動生成された記述をそのままでいいです。MainActivity.thisのthisが自身を表します。

text

ここに表示した文字列を記入します。プログラムで文字列を使用する場合は、文字をダブルクオーテーション(“)で囲みます。

duration

これは、表示時間ですね。上にも書いてありますが、LENGTH_SHORT or LENGTH_LONGを指定できるってありますね。既にLENGTH_SHORTが入っているので、そのままでも良さそうですね。





ということは…

ということはですよ。ということは、文字だけ追加してやればいいってことじゃ??
やってみます。
   

こんな感じになります。

メリ
あはは、全世界に公開ね。

なんか、前回よりはいい感じにプログラミングした感がありますね。実際はほとんどやってませんが…。是非みなさんもやってみてください。どうせ無料なんですから!!!

次の記事

Androidアプリを作ってみる #10 -画面サイズについて-

2016.10.17

前回の記事

Androidアプリを作ってみる #8 – ボタンを押したら その1–

2016.10.01