ファミコン動かしたるか #1

以前から気にはなっていたやつ始動

ファミコンプログラムをやってみるか

以前もやるやらないを一人で議論していましたが、遂にやっちまおうかと思います。エミュレータを使用することが問題あるのかどうなのかという問題は、とりあえず「研究目的」ってことで問題ないだろうと踏んでます。踏んでますというかそこまで心配することもなかろうかと思います。

メリ
決心したのね。
にゃんこ
大袈裟。

Androidの方もあるので、進みは遅いかもですが…。



ってことで、まずNESASMをインストールする

方法はいくつか選択肢があるらしい

ファミコンのプログラムを作るには、「NESASM」というアセンブラ言語で行うみたいですね。アセンブラなんて懐かしいです。その昔まだ社会人1年生だった頃訳がわからず「ヒーヒー」言いながら覚えたのを思い出します。といってもアセンブラはCPUに特化した言語なので使うCPUによって新たに覚えなくてはならないのです。そこがまた難しくしている理由の一つでした。あとは、C言語などのような「高級言語」と違い直感的にはわかりにくいコードになってしまうため不具合があったときなんかにデバッグがしづらいってのがあります。

ファミコンに使われていたのは、モトローラ社製の「6502」のカスタムCPUだそうです。Cコンパイラも使えるとの事ですが、ここは敢えてアセンブラでやってみる事に。(開発環境はMac OSXです。)

途中挫折したらC言語でやってみようと思います

NES ASMをインストールする

でもってそのファミコンプログラム作成用アセンブラが「NESASM」なのだそうです。ちなみに「NES」はファミコンのアメリカでの名前です。早速それをインストールしてみますか。インストールは「ターミナル」(Windowsで言うところの「コマンドプロンプト」)からGit Hubを通して行います。

ターミナルを起動し、以下のように打つべし!!

そうするとっ。ありゃ!?なんでしょう?見るからにダメですよって言われているみたいですなあ。



エラーが出て困る

小一時間悩んだ挙句

結局のところ「きちんと英文を読みましょう」ってことになります。大体こう言ったエラーで解決できないものは、きちんと読んでいないことが原因…。「Xcode/iOS」のライセンスに同意しろって?なんでこのNESASMが「Xcode/iOS」に絡んでいるのか??

調べてみるとインストールに使用している「Git Hub」を使う場合はこの「Xcode/iOS」のライセンスが必要になるみたいですね。

ちなみに「Xcode」というのはMacやiOSのアプリを作るためのツールです。

Xcode/iOSのライセンスに同意する

「Xcode/iOS」のライセンスに同意するってどうすればいいんでしょうかね。Macには今「Xcode/iOS」は標準では付属されていません。なので、これもダウンロードする必要があります。それが終わったら「Xcode」を起動させると以下の画面になります。

これに同意すればいいっぽい。

これに同意すればいいっぽい。

ここで「Agree」をクリックします。そうすると何やらコンポーネントとか何やらのダウンロードが始まってしばらくすると以下の画面になり、インストール完了です。これでどうやらライセンス認証も済んだようなので、もう一度ターミナルで「NESASM」のインストールを試してみましょう。

終わったっぽい

終わったっぽい

再びターミナルで例のコマンドを試すのだ。

同じように打ってみる!!

お!なんか成功したっぽいよ。

にゃんこ
え?これで??
メリ
なんか怪しいわね。

うーん、どうなんでしょう?でもとりあえず前進はしてるっぽいのでいいとしますか(笑)
ってことで今回はここまで。

次の記事

ファミコン動かしたるか #2

2016.11.02