Androidアプリを作ってみる #1 -JAVA JDKのインストール-

Androidアプリをつくるには??

まず何を用意する!?

Androidアプリを作るには、Googleが提供している”Android Studio“という統合開発環境を使用して作ります。これ無料です。昔では考えられませんでしたね。こんなツールが無料で手に入って実際に実機でも動作させることができるなんて。

そのAndroid Studioを使用するために前準備が必要ですね。
まずはそこです。

Javaを使う

Androidの開発には、Java言語を使います。
今では、C#でもできるらしいですが、ここは純正!?のJava + Android Studioでいきます。
何かと標準の方が恩恵も大きいはずです。

にゃんこ
なんか適当だなあ。
メリ
(タ、タシカニ…)

まずはJavaのインストール

Java JDKって検索して

まずはJavaをPCにインストールします。使用しているPCはWindows 7 64bitです。
Google先生で、”Java JDK“と検索します。いや、書けばいいのか。

ここです

"Java JDK"の検索結果

“Java JDK”の検索結果

該当OSを選択して、ダウンロード

以下画面の「Accept License Agreement」にチェックを入れて、インストールするOSを選択してインストーラをダウンロードします。

JDKのインストーラダウンロード

JDKのインストーラダウンロード



Java JDKインストーラの実行

あとは実行するだけ

ダウンロードが終わった実行ファイルをダブルクリックして、インストーラを起動します。
そうすると以下のような画面になるので、画面にしたがって進みます。大抵「次へ」でOKです。

JDK install

JDK install

これまた「次へ」でOK。

JDK install

JDK install

またまた「次へ」で、インストール開始!!!

JDK install

JDK install

気長に待ちます。
って思ったらまだインストールじゃなかった。またまたまた「次へ」でいよいよインストール!!!!

にゃんこ
何やってんだ…
JDK install

JDK install

JDK install

JDK install

インストール完了!!!!

Install completed

Install completed

スポンサーリンク



Javaを使えるように設定する

Path、JAVA_HOMEの設定

Java JDKが正常にインストールできたら次は「Path」の設定です。
「Windowsキー」→ 「コンピュータ」右クリック → 「システムの詳細」クリック

Java Path setting

Java Path setting

「システムの詳細」→ 「環境変数の設定」

環境変数の設定

環境変数の設定

Pathの設定

ここでPathの設定をします。

Path setting

Path setting

システム環境変数の中で「変数」が「Path」と書かれた箇所をクリックして「編集」ボタンをクリック。「システム変数の編集」の「変数
値」に「(インストールフォルダ)\Java\jdk1.8.0_91;」を追加。

JAVA_HOMEの設定

他のアプリがJAVAを利用できるようにPathとJAVA_HOMEを設定します。
同じダイアログの上にある、(ユーザー名)のユーザー環境変数の「新規」を押し、その中の変数名に「JAVA_HOME」、変数値に「(インストールフォルダ)\Java\jdk1.8.0_91;」を追加します。

Java JDKのバージョンは2016.07.09現在のものです。



Path設定、JAVA_HOMEの確認

設定されているか確認しましょう

Pathが通っているか? Javaのバージョンの確認をする。
Windowsのコマンドプロンプトを立ち上げて、以下のように入力してリターン。

Pathの確認

Javaのバージョンを表示すればOK。

JAVA_HOMEの確認

また、「JAVA_HOME」の確認は、同じようにコマンドプロンプトで以下を入力。

以下のように表示されればOKです。

Java JDKのバージョンは2016.07.09現在のものです。

これで、Javaのインストールは終了。
(多分)

メリ
既に付いていけてないんですけどお。

続きはまた。

次の記事

Androidアプリを作ってみる #2 -AndroidStudioのインストール-

2016.07.11

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。