Androidアプリを作ってみる #11 -MacでAndroid-

せっかくMacを本格導入したのだから

最近、Mac Miniを本格導入したのでなんだかこれを利用しないのも勿体無いってことでMacにもAndroid開発環境をインストールしてみることにしました。

Mac Mini本格導入の話

BenQ GW2265HM + 液晶Display クランプ式アーム GH-AMC03

2016.10.22

まずはJavaのインストールから

まず開発言語のJavaをインストールします。「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を開いて、「javac -version」と打ってリターン。

とでました。ま、これは所謂インストールされてねーよってことです。これじゃダメですね。しかし、以下のようにJava JDKがインストールされていないと、自動的に以下の画面が現れインストールを促されます。便利な世の中になったものですね。

ちなみにJDKは、Java Developers Kitの略です。
自動になってるんすか?

自動になってるんすか?

ま、結果的に自動ではなかったのですけどね。「詳しい情報…」をクリックするとJava JDKのダウンロードページにJumpします。ここでJava JDKをダウンロードしインストールすればいいんですね。

ダウンロードするのは、2016.10.25現在で Java Platform (JDK) 8u111 / 8u112です。

ダウンロードして実行しましょう。

これをダブルクリックするのだ。

これをダブルクリックするのだ。

インストールは簡単です。手順通りにやるだけ。

手順に沿ってインストール

手順に沿ってインストール

先ほどと同じようにJavaがインストールされていることを確認します。「アプリケーション」→「ユーティリティ」→「ターミナル」を開いて、「javac -version」と打ってリターンですね。

と出ればOKです。

Android Studio for Macをインストールする

次はいよいよ「Android Studio」をインストールします。まずはインストーラーをダウンロードします。

囲んだ部分をクリックしてダウンロードします。結構時間かかるので気長に待ちましょう。

Android Studio for Macをダウンロード

Android Studio for Macをダウンロード

結構時間がかかります。

メリ
寝ちゃったわよ。

あとは同じです。

ダウンロードしてインストールしたらあとはWindows版と同じです。当たり前だけど。

ここまでくるのが大変。

ここまでくるのが大変。

実際に立ち上げたら、驚くほどWindows版と同じです。そりゃそうですけどね。Macでやるなら「iOS」も作れるなあ。いずれやりたいな。

まあ、同じだわな。

まあ、同じだわな。

次の記事

Androidアプリを作ってみる #12 -画像の表示-

2016.11.05

前回の記事

Androidアプリを作ってみる #10 -画面サイズについて-

2016.10.17